こんにちは、おっさんです。近頃暑くなってきたせいか、家の中で虫を見かける(主にツマからの発見報告)ことが多くなってきました。ちなみに紙虫(シミ)という虫です。

BlogPaint

 上の写真がヤツです。直視すると食欲が失せるので、モザイクかけてます
基本、おっさんは虫が嫌いです。ちなみに応用してもやはり嫌いです。どう考えたって、アレ絶対地球外生命体だよ?

 中古住宅を購入し、早いもので5年が経過しました。購入時に、家の引き渡しと同時にシロアリにやられてないか、業者に依頼して見てもらい、かつシロアリの防除作業をしてもらっていました。
 シロアリ防除剤の保障期間が5年だったので、そろそろ効果が弱くなり、虫が出るようになったのでは?とおっさんは危惧しました。いくつかのサイトで調べた感じでは、一般的な防除薬剤の効果は5年で、多少はシロアリ以外の虫にも影響があるようです。結局、紙魚と薬の因果関係は、ハッキリしませんでした。
 色々調べる中でシロアリの脅威を目の当たりにし、そろそろ防除した方が良いのかと考えるようになりました。(既に当初と目的が違ってきていますが)。業者に頼むと、今最も安い業者では、㎡あたり1,200円で防除してくれるらしいです。既にシロアリに木部を食われている場合は、食べられている部分の修復費用が左記の1,200円には含まれておらず、別途費用がかかるようです。
 ちなみにおっさんも実際に床下が気になっていたので、上記の業者さんではないのですが、さっそく比較的安いところに見積もりを依頼してみました。

 見積もりのために床下を見てもらいましたが、その業者さんは良心的なのか、実際の床下の画像も見せて下さいました。結果はシロです。どこもやられてはいないとのこと。
 業者の方が床下に潜っている間、コ~ンコーンと何やら叩く音が響いていました。目視だけではなく、どうやら柱をハンマーのようなもので叩いて、木部が空洞になっていないかで判断しているようです。
 さて、気になる見積もりですが、ざっくり計算結果を記載すると、大まかに下記の感じでした。
 ・50㎡×1400円=70,000円
 ・穿孔による処理(ちゃんとした名称は覚えてないです)=40,000円
  合計で110,000円
 穿孔による処理とは、玄関下とお風呂場直下は、どうも床下から侵入出来ないようで、この2ヶ所については、ドリルで小さな穴をあけ、散布用の棒を突っ込み薬剤散布し、最後にセメント(?)で穴を塞ぐ作業とのこと。
 想定はしてましたが、やはり単価×面積にはならないですねぇ、、、。でも、こちらの業者さんはきちんと細々と見積もり内容を説明してくれた上、床下の現在の状態も見せてもらえたので、良心的な会社さんだなと思いました。

 おっさんは、シロアリにやられていたらシロアリの駆除+破損部の修繕もしなくてはならないため、業者さんにお願いしようかと思っていましたが、予防だけなら自分で出来ないものかと、さらにシロアリの防除について調べを進めてみたところ、 公益社団法人 日本しろあり対策協会 で防除の基準や、事例、Q&Aなどが紹介されていました。
 そこでは、①侵入できないように障壁を設ける(土壌処理)。また、②防壁を突破された場合に備える方法(木部処理)を併用すること方法が基準(推奨?)になっているようでした。

①土壌処理
 シロアリは、土中を進んで家の床下に侵入してきますので、土壌に薬を散布することで土中からの侵入を防ぐ方法です。または粒状の薬をまいておく方法もあるようです。
②木部処理
 シロアリが、家に取りついたら木の柱の中を食べ進んで行きますので、柱等の木部に対して、表面に薬を塗布したり、柱に穴をあけ薬を注入しておきます。アリが薬を含んだ木を食べた場合、死にますので、被害の拡大を防ぎます。
 上記のような感じでしょうか。
 ふむふむ、柱への穿孔はやらなくても、柱そのものへ防除剤の塗布や土壌への薬剤の散布は自分でも出来そうです。とりあえず今回は、木部への塗布を行ってみようと思います。そうと決まれば、アイテムを見つくろっていきます。
★薬剤の購入
 まずは、肝心の薬剤です。こちらは吉田製油所の白アリスーパー21(低臭性)を購入しました。レビューを見る限り、ニオイは抑えられているようでした。


 製造元の会社のHPでは、建坪約30坪(約100㎡)に対して30ℓが散布の目安としていましたので、おっさんちの建坪は約15坪(約50㎡)のため、必要量は15ℓです。
 油剤そのものはオレンジとクリアーの2タイプがありますが、オレンジは処理したかどうかを確認する目的があり、クリアーは壁紙などにしみると色が落ちないので周囲を汚す可能性が有る場合に使用する、といったように状況によって使途が異なるようです。
 また、いくつかサイトを見て回った感じだと新築物件は有色で、中古物件や2回目以降の散布にはクリアーを使うのが一般的なようです。
 上記のことから、楽天でクリアータイプ15ℓ送料込み9,950円+活性炭フィルター付マスク509円+ゴーグル(TRUSCO ゴーグル型保護メガネ)491円を合わせて購入しました。薬剤が送料込みだったので、他の商品も送料無料に出来ました。下写真左が、ゴーグルとマスクです。

【送料無料】白アリスーパー21低臭性 15L(クリヤー)  

価格:9,950円
(2016/2/26 15:53時点)
感想(1件)

簡易マスク 活性炭入り スーパーフィルター

価格:509円
(2016/2/26 15:46時点)
感想(1件)

TRUSCO ゴーグル型保護メガネ(3012573)

価格:491円
(2016/2/26 15:51時点)
感想(1件)

★そのほかの道具
 下の写真の購入物。ちなみに全てダイソーです。
HI3F0655
・ハケ×2
・カッパ(ズボンのみ)
・ヘアキャップ
・クツカバー
・手袋(ナイロン)
・バケツ(薬剤入れる用)
 余談ですが、ダイソーに買いに行った時、簡易防護ゴーグルと簡易粉塵マスクが売られていました。ちょっと見た感じではほぼ同じな気がしました、、、。
HI3F0654HI3F0657
 上写真左は、ダイソーで買ったカチューシャにLEDライトを結束バンドで固定しました。LEDライトは小型ですが、9個のLEDが入っています。ちなみにむかしは、ダイソーに頭に固定できるLEDライトがあったらしいのですが、今は無かったので、こういう形にしました。そして、上写真右は、カッパズホンをはき、その裾をクツカバーに入れて縛ってます。クツカバーは底部分がちょっとだけ厚くなっていて中々いい感じです。
HI3F0659
 上着のカッパは元々持っていた使い捨ててもいいようなボロいものを着ています。実際に潜る時にはヘアキャップで頭髪を抑え、カッパのフードをかぶります。さて、これで装備がそろいました。
次回はいよいよ、床下に潜っていきたいと思います。
 そもそも紙魚がいただけだったのですが、あれよあれよと床下に潜ることなりました(笑)。
 いざ!我が家の平和のため、おっさん、アンダーグラウンドへ!
 ではでは、また見に来てくださーい。